うつ病が治りました(一日一回完了心理カウンセリングプログラム)

20140509_112500

心理カウンセラー 志田先生へ

志田先生にお伝えしたい事は沢山ありますが。最初に私の人生を救ってくれてありがとうございました。

 そして志田先生に出会えて、幸せです。先生との出会いが無かったら、あの毎日苦しい生活に疲れ果て、二人の子どもを残して自ら命を絶っていたと思います。本当に感謝しています。

 夫婦、子育て、義父母との関係に悩み苦しみ自分を押さえ限界を超えて体調の変化に気が付いたのが、H22年9月。心療内科の受診は二ヵ月待ち… 「うつ病」と診断され、「えっ… まさか私が…?」信じられませんでした。長男、翌年は長女の大学受験と続き、無我夢中だったと思います。抗うつ薬も減量し、H24年10月には完治したはずでした…

しかし実母との接する機会が増えた結果、ポプラ社発行「母という病」の様な幼い頃を思い出し、フラッシュバック・パニック障害が起こってしまいました…。H25年5月に、うつ病を再発。自殺未遂も数度ありました。トラウマに対する治療法EMDRも、今の精神状態では出来ないと診断されました。
カウンセリングを2度受けましたが、精神的・身体的にも辛く続けられず、つわりの様に胸がムカムカし食欲はなく、食べる量も減り、ただ食べ物を詰め込んでいるような状態…。薬を飲んでいても症状は悪化するばかり…。
看護学校時代の教科書や、うつ病関連、心理学に関する本も読み漁りましたが、全くピンと来る事もなく心も身体も日に日にボロボロになって行きました。

 藁にも縋(すが)る思いで慣れないパソコンを操作して、インターネットで偶然にも志田先生の存在を知りました。ホームページに書かれていた、「薬は『心』ではなく『身体』にしか作用しない」「服用し続けても『心』と『気持ち』は楽にならない」「心の問題を解決するには、自らの心の中の原因と向き合わなければ、『心の健康』を取り戻す事は難しい」。この言葉を読んだ瞬間、この先生なら話を聞いてもらえる。真っ暗な世界をさまよっている私を助けてくれる!と思いました。

 電話での無料心理カウンセリング、対面カウンセリング、サイコリリース療法という流れの中で、先生とお話をしているうちに、心の中の絡まりすぎた糸がどんどん解けて、身体の外へ流れ出ていく感じがしました。今まで身体に重くのしかかっていた物が無くなり、軽くなっていくようでした。
サイコリリース療法を終えた後、窓から見た夜景は心から綺麗と感じた時、自然と涙が流れ、身体から湧き上がる感情ってこんなに素敵だったんだと感嘆しましました。いつからか大切な感情が、井戸が干上ったように湧いてくる事も感じられなくなっていたのですね。
あの夜景は生涯忘れられないと思います。本当に綺麗だったから。

 先生には沢山の事を教えて頂き、また気付かせていただきました。自分には生まれた時から大切な人がそばにいたのだと。

 そして子育ても長男・長女は自分達の目標に向かって勉学に励んでいるのだから、決して育て方が間違っていなかった。ダメな母親じゃなかったのだと。そう気付かせていただきました。

 神様なんてこの世にはいないと思っていた時期もありましたが、本当に辛い時期があったからこそ、志田先生に巡り合う事ができたんだと考えれば、再発は神様からの贈り物なのかな?と思います。看護師だった私。長女は未熟児として産まれた為、毎日病院まで母乳を運び、一人置いて帰る辛さを味わい、身体が弱く数回の入院も経験し、患者さんサイドの気持ちを知りました。自分が体験した事が何かに役立てられたらと思います。これからどういう形かは分かりませんが、同じ苦しい思いをされている方々へ手を差し伸べて、寄り添ってあげられたら、第二の人生の一歩を踏み出せそうな気がします。

 志田先生、本当にありがとうございました。そして先生のカウンセリングを受けたいと電話で相談した時、快く賛成してくれ、車で連れて行ってくれた主人にも感謝の気持ちでいっぱいです。セッション後の私の晴れやかな笑顔は、とても驚いたようです。

 この日は私にとって2つ目のbirthdayとなりました。感謝の気持ちでいっぱいです。

                                                    福山涼子

※ご本人様のご了承をいただき掲載しております。

〇状態:うつ病
〇相談内容:うつ病治療
うつ病を長年患い克服したはずが再発。
SRラボ 心理カウンセリング 東京オフィス
TEL 03-3459-9989

公開日:


カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>